2006年05月05日

ゲームのような乱打線を制す!(阪神○13−11●横浜)

なんじゃこりゃ?
13−11?
ほんまゲームしてるかのような点の取り合い。
最大10点差もあったリードがみるみる追い上げられての勝ち。気持ちいいのか悪いのかわかりませんね。
この試合、なんと歴代2位タイの両チーム計40安打の打ち合いとなり、この乱打線を阪神が制し、貯金が今季最多の5に。阪神の22安打は25年ぶりで、13得点は今季最多。また矢野が4、5、6号の3打席連続ホームランを放ち自己最多の1試合7打点。先発・井川は5回6失点ながらも3勝目、久保田が6セーブ目をマーク。チームは横浜戦今季負け無しの7連勝となった。


こんだけ援護射撃があったときくらいは完投して欲しいよね、井川くん!
ま、勝ったしええか・・・。

がんばれ、タイガース!

posted by まどかだでぃ at 23:59| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

矢野執念のサヨナラでカード勝ち越しを決める!(阪神○3−2●讀賣)

昨日は工藤にしてやられてしまったので、今日の試合は非常に重要な試合と言えるでしょう。
今日勝てば、このカード勝ち越しとなるし、対戦成績も五分とすることが出来るし、やっぱり讀賣とは交流戦前最後となる対戦ですから、勝った記憶を残しておきたいですね。
今日の讀賣の先発は中5日で上原を持ってきましたが、阪神はローテーションを守って杉山。
杉山の出来とタイガースナインの気持ちが上原の気持ちよりも強いかどうか、この辺りが今日の試合のポイントとなりそうです。
続きを読む
posted by まどかだでぃ at 22:35| 大阪 ☀| Comment(7) | TrackBack(65) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

工藤に完敗!(阪神●0−2○讀賣)

うーん。今日ははっきり言って完敗ですね。
先発の下柳よく投げたと思います。
いや、下柳だけじゃなく、ダーウィンもナイスピッチング!
ただ、工藤が素晴らしかった。その工藤の後を4人の投手が継投し、阪神打線を3安打完封。
参りました。
4回にイ・スンヨプの内野ゴロでの間に1点、6回には小久保の7年ぶりの犠打をきっちりと阿部にのタイムリーで結果を出され、追加点を許してしまいました。
阪神は今季甲子園最多の48,520人の観客を前に、今季ワーストの3安打で今季2度目の完封負けを喫しました。
阪神の連勝は3でストップし、今日デーゲームで一足先に白星を飾った2位中日とのゲーム差も1.5と広がってしまいました。

今日はほんとに完敗です。今日のことはすっきり忘れて、明日勝って絶対に勝ち越しましょう!

がんばれ、タイガース!!
posted by まどかだでぃ at 22:13| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(41) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

関本サヨナラHRで讀賣に先手!(阪神○5−4●讀賣)

いやー、感動した。
興奮した。
絶叫した。
せっきぃ、ほんまに偉い!!
あの場面、「ホームラン打ってぇ」というみんなの願いが通じたんでしょうか。
今シーズン初のサヨナラ勝ち、関本自身初のサヨナラホームランで、甲子園での讀賣3連戦の初戦を白星で飾った。
続きを読む
posted by まどかだでぃ at 23:25| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(58) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。