2006年05月05日

ゲームのような乱打線を制す!(阪神○13−11●横浜)

なんじゃこりゃ?
13−11?
ほんまゲームしてるかのような点の取り合い。
最大10点差もあったリードがみるみる追い上げられての勝ち。気持ちいいのか悪いのかわかりませんね。
この試合、なんと歴代2位タイの両チーム計40安打の打ち合いとなり、この乱打線を阪神が制し、貯金が今季最多の5に。阪神の22安打は25年ぶりで、13得点は今季最多。また矢野が4、5、6号の3打席連続ホームランを放ち自己最多の1試合7打点。先発・井川は5回6失点ながらも3勝目、久保田が6セーブ目をマーク。チームは横浜戦今季負け無しの7連勝となった。


こんだけ援護射撃があったときくらいは完投して欲しいよね、井川くん!
ま、勝ったしええか・・・。

がんばれ、タイガース!

posted by まどかだでぃ at 23:59| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17768688

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。