2011年04月21日

昨日のリベンジならず、讀賣に痛い連敗(阪神● 1-3 ○巨人)

いやー、今日も接戦ですなぁ。阪神は岩田、巨人は澤村が先発。想像に難しくない、投手戦です。
現在6回表の攻撃中で、0-0です。

が、一死満塁のピンチです。。。


このピンチでバッターボックスにはラミレス。ラミレスはつまりながらもレフト前に運び、二人生還。先制したのはジャイアンツでした。
続く谷はボテボテのサードゴロで二死二三塁。ここで好調長野は敬遠で歩かせ、ライアルとの勝負を選択します。ま、当然ですね。
岩田はなんとかライアルを三振に打ち取り、追加点は許しませんでした。

6回裏は、新井貴から。
先頭新井貴は、初球をセンター前に打ち返し、無死一塁。続くブラゼルが左中間を深々と破るツーベースでまずは1点を返し、なお無死二塁の場面ですが、金本は残念ながらピッチャーマウンドに高々と打ち上げ、ファーストフライ。続く城島が三振に倒れ、二死二塁に。この場面で俊介はセカンドゴロに倒れましたが、この回1点を返して1点差とします。

7回表は、今日も榎田が登板します(次の打順からすると、また今日も1イニングのみかぁ。。。)。
加藤を三振、澤村をライトフライ、坂本をライトフライかと思いきや、追いついたものの落球し坂本は二塁へ。しかし昨日の訳あり人物脇谷をショートゴロに打ち取り、危なげないピッチングでマウンドを降ります。

7回裏、先頭榎田に変わり、代打は林威助。
林はサードのファールフライに倒れ、続くマートンはセンターへの大飛球でしたが、長野が追いつきツーアウト、平野もショートゴロに倒れこの回三者凡退。

8回表、阪神のマウンドは小嶋。負けてる場面なので、期待十分(^^;
先頭小笠原をセカンドゴロに打ち取り、ラミレスを迎えたところで渡辺がマウンドへ。
しかしラミレスに対して、フォアボール。うーん、何しに出てきたんや・・・。
続く谷に代わって代打高橋由が登場。高橋に対してもストライクが入らず、ストレートの四球。うーん、ほんま何してるねん。。。
ここで長野がレフト金本の頭上を超えるツーベースヒットで1点追加。
代打亀井を敬遠で歩かせ、続く代打紺田はショートへのインフィールドフライでツーアウト。紺田に助けられましたね。
おっ、澤村は交代するんですね。代打に田中大が出てきますが、ファーストゴロに打ち取りなんとか1点で凌ぎます。
しかしなぁ。。。
うーむ。

8回裏は、巨人のマウンドは高木。
先頭の鳥谷はショートゴロに倒れワンナウト。ここでピッチャーは久保が登板。
新井貴はサードゴロに倒れツーアウト。続くブラゼルもサードゴロに倒れ、スリーアウト。。。

9回表、先頭の坂本をセンターフライに打ち取ると、脇谷もセンターフライに打ち取りツーアウト。小笠原もセカンドフライに打ち取り三者凡退。

9回裏、先頭の金本がセカンドライナーに倒れ、城島がショートフライに倒れツーアウト。ここで俊介に代わって代打関本が登場。
しかし関本はセカンドゴロに倒れゲームセット。


うーん。どうもやっぱり打てない打線が気になりますね。
タイガースは初対戦のピッチャーは基本的に打てない癖があるんですが、やっぱり今日も例外ではありませんでした。
もちろん、澤村は素晴らしいピッチャーなんですが、それでもつけいる隙はいくつかありましたよね。
昨日悔しい負けをしたので、今日はなんとか勝って欲しかったんですが、残念です。
ま、気持ちを切り替えて明日からの横浜戦で、3タテして波に乗りましょう!

posted by まどかだでぃ at 21:05| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。