2011年04月28日

微妙な判定からの悪い流れを断ち切れず、カープに連敗(広島○ 5-1 ●阪神)

さてさて、今日は中盤から観戦です。広島戦、一昨日負けてるので今日はなんとしても勝って5割に戻したいところ。

でも・・・、今日も負けてます・・・(^^;

今日は、阪神が岩田、広島が篠田とサウスポー対決です。

5回表、先頭の城島がセンター前ヒット(これが今日チーム3本目のヒット・・・)で出塁しますが、続く俊介がショートゴロ。ランナー入れ替わり、一死一塁で岩田がバントを試みますが、ピッチャー前のショートフライ。これを篠田が飛びついてキャッチ。おー、ショートバウンドにされなくてよかったー。二死一塁となり、マートンが面白いところにフライを打ちますが、東出が見事にスライディングキャッチし、スリーアウト。

6回表、先頭の平野がプッシュバンド気味のセーフティバントを仕掛けますが、セカンドへのフライとなってしまってワンナウト。鳥谷は左中間への飛球でしたが、レフトが追いつきツーアウト。新井貴も鋭い打球でしたが、センターへのライナーとなりスリーアウト。
うーん、淡白じゃ〜。。。

6回裏、先頭井生がライト前ヒットで出た後、またまた嫌ぁらな流れになっちゃいました。
続く石原の初球、バントをしますがこれが失敗してキャッチャー城島の前に小フライ。しかし、その打球が石原のバットに当たり、城島が捕球できず。。。当然城島は守備妨害を訴えます。すぐに真弓監督も審判に抗議しますが、判定は覆らずファールとなります。
うーん、バットに当たってるのは間違いないけど、守備妨害と取るのかバントの後の走塁の流れの中での出来事(?)ととるのかというのはあるかもしれませんが、やっぱりこれは守備妨害に思えます(もちろん贔屓目が入るので冷静な判断はできませんが・・・)。
しかしこれで流れが悪くなったのは事実。石原はライト前ヒットで繋ぎ、結果的に追加点を入れられてしまいます。
うーん、なんかやっぱりあの悪夢の大誤審(讀賣戦)以降、ついてないというか、流れが悪い。なんだろうなぁ。。。。

7回表、簡単にツーアウトとされた後、ついに目覚めたJOHがややボール気味のインハイの球をレフトポール直撃のホームラン。ようやく1点を返します。これで流れを呼び込めるか。
続く俊介もセンター横にヒットを放ちつなぎます。ここで岩田に代えて代打関本が粘りに粘りますが、ボテボテのサードゴロでチャンスは広げられずスリーアウト。。。

7回裏から渡辺がマウンドに上がりますが、家族からの呼び出しがあったので、お迎えに行ってきま〜す!
お迎えに行って、おすし食べて帰ってきたら、なんと試合は終わってました。
しかも負けてる・・・。
さらに点入れられて・・・(T_T)

広島に連敗かぁ・・・。
ほんとチーム状況が悪いね。
なんとか突破口はないものだろうか。。。
ちょっと普段は使わない人を入れるとかして、活性化してみてはどうですか、真弓さん。
意外なところにヒーローが眠ってるかもよ。。。

posted by まどかだでぃ at 21:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198249599

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。